SSS構法

強い床(剛床)

建物を面全体で支える鉄筋コンクリートベタ基礎が標準。 地盤との接触面積が広く荷重負荷が分散しやすいので、 地震の際の衝撃を効果的に逃がすことができます。

 

※地盤調査後、地耐力に応じて最適な基礎工事をご提案させて頂きます

お気軽にお問い合わせください。