SSS構法

強い結合

断面欠損低減

接合部分に大きな掻き込みを入れる在来工 法に比べ、ロイヤルSSS構法では独自の金 物を使うことで断面の掻き込みを最小限に 抑制。木本来の強さを最大限に引き出します。

 

高耐久金物を使用

金物は高耐久素材としてマンホールの蓋や自動車のエンジンにも使われるダクタイル鋳鉄を使用 。柱と梁をがっちり結合し続けます。


巨大地震の際、柱の接合部分には大きな負荷がかかります。ロイヤルSSS構法は革新的なテクノロジーでと梁をがっちり結合。木という素材の強さや美しさを活かしながら高耐震の家づくりを支えています

お気軽にお問い合わせください。